当たり前ですが、自動車保険の役割について

運転する人で自動車保険に加入していない人の気が知れません。
自動車を運転する人にとっても、仮に事故を起こした場合にはその被害者に対しても重要な補償なのです。
事故は無過失責任です、過失が無くても事故を起こした場合は損害賠償しなければなりません。

自動車保険には強制的に加入させられる自賠責保険があります。
しかしこの補償は事故を起こした相手に支払い賠償金のみで自分や同乗者の怪我には対応しません。

それに死亡補償が3000万円しかないのです、これでは補償額としては小額だと言えます。
その自賠責の補完として任意保険、つまり自動車保険があります。
その任意保険の補償があるから自動車を安心して運転できるのです。
事故を起こした場合相手に対する損害賠償が十分でなければ相手に対しても、また自らも経済的な危険にさらすことになります。
いったん事故を起こした場合はわれわれのポケットマネーで補償できる金額ではありません。
車を運転する人は必ず自動車保険に加入すべきです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA