水災保険の義務化提案から考える水害の備え

水害保険の義務化の声もある

日本で自然災害と聞くと、一番はじめに思い浮かぶのは『地震』ではないでしょうか。
地震大国と言われるだけあって、世界的に見ても日本は地震の多い国です。

しかし実は、日本は山と海に囲まれて川も多いことから、意外と『水害』が多くみられるとのことです。
西日本豪雨は記憶に新しいですが、ここ数年毎年のように水害が各地で起こっています。

それに対して、水害を補償する保険に加入している人は3割程度に留まっています。
保険料が高額だったり、制約があることで保険への加入が抑制されていると考えられます。

水害は一度起これば地震と同じように、広範囲かつ甚大な被害になる可能性もありますので、海外ではそれを懸念し政府が水害保険の義務化を進めている国もあります。

近年は水害に対する被害が増していて、日本も水害保険を義務化した方が良いのではないかという声もあがっています。

そもそも水害の定義って? 備える保険はある?

まず、『水害』とは、水によって起こされる災害と定義されています。
具体的には、
・台風
・暴風雨
・豪雨等による洪水・融雪洪水・高潮・土砂崩れ・落石
などで家や家財に損害が起こることをいいます。

これらの水害は保険業界では『水災』と言われています。

水災保険というものはなく、火災保険の中で水災補償を付けることで水災に対する補償がされます。
火災保険と言っても最近では色々なものがあり、はじめから水災補償が付いているものもあれば、水災補償を選んで付けるタイプのものがあります。

水災補償を付けると保険料が高額になること、補償の制約があることから水災補償を外す人も多く、水災に対する備えが不十分な人も多くいます。
政府による義務化や対策も必要なこととは思いますが、現状私たちは『今考えられる備え』をしていくべきでしょう

水害と水災保険について理解しよう

ここ数年、日本に住む人の自然災害に対する意識が大きく変わったように思います。自然災害が多くなり、私たちの意識は変えざるをえなくなったと言うべきでしょうか。

しかし、私自身相談を受けて気付いた事は、『どう備えて良いのか分からない 』という人が多いことです。はじめての事は、誰しも分からないことだらけです。

そこで、まずは自分の住んでいる地域の情報を集めることからはじめるのはいかがでしょうか?
過去にどのような自然災害が起こり、どのような被害を受けたのか調べてみましょう。これは水害だけでなく、地震や津波にも言えることです。

ハザードマップを見てみよう

各自治体の公表しているハザードマップを見れば、どんな場所が危険なのかも調べることができます。
国土交通省ハザードマップポータルサイト

次に危険のある水害は、復旧するまでにどのくらいの費用がかかるのか大体でも構わないので調べてみましょう。
インターネットでは、過去の災害でどの程度の費用がかかったのか調べることが出来ます。その上で、支援金やご自身の預貯金を考えて、それ以上の備えが必要かどうかを検討するのが良いですね。

もちろん自然災害なので想定外のことが起こる可能性もありますが、全く知らずに闇雲に不安に思うより、ある程度の知識で予測をしておくと万が一の時にも慌てずに済みます。まずは、起きうる災害を知り、ご自身に合った備えを行いましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA