三井ダイレクトの安全運転参考情報から考える自動車保険

三井ダイレクト損害保険は、安全運転の参考情報として、同社事故データをもとに作成した事故発生分布データをWebサイトに掲載しました。この事故発生分布データは、2014年4月から2015年3月に実際に起きた同社事故データをもとに作成され、曜日別や時間帯別、年代別など、さまざまな角度から分析しています。

データ分析の結果、事故発生件数は、月別では8月・12月・3月、曜日別では土曜日および日曜日、時間帯別では8時台、12時台および16時~18時台が多く、年代別では、10代20代では追突事故、60代70代では対工作物、対駐車車両の事故発生割合が多くなっている模様です。

時間帯別で見ていくと、午前中では「出合い頭衝突事故」夜間ではスピード出し過ぎによるガードレールへの衝突事故など、「対工作物事故」が多くなっているという分析結果が出ております。

これらの事故分析結果を見て思うことは、やはり自動車運転歴が浅い10代・20代及び危険認識が甘くなる60代・70代の事故が多いことから、データ結果が実に合理的なものであるように感じます。だからこそ、これらの年代に対する自動車保険料が高くても納得せざるを得ないと思います。

また、お盆や年末である8月や12月、通勤ラッシュ時間である8時台や17時から18時台なども合理的なデータ結果になっていると思います。事故の多い時間帯であることを理解しつつも、これらの結果を踏まえて、毎日の自動車運転に注意し常に安全運転や余裕を持った運転が大切であることは言うまでもないでしょう。

三井ダイレクト損保、事故データをWebに公開…12月と3月、8月は事故多発

三井ダイレクト損害保険は、安全運転の参考情報として、同社事故データをもとに作成した事故発生分布データをWebサイトに掲載した。
それによると、事故発生件数は、月別では8月・12月・3月、曜日別では土曜日および日曜日、時間帯別では8時台、12時台および16時~18時台が多いことがわかる。

また年代別の事故類型を調べてみると、10代20代では追突事故が多く発生。60代70代では対工作物、対駐車車両の事故発生割合が多くなっている。
時間帯別の事故類型は、午前中では「出合い頭衝突事故」が多発。一方、夜間ではスピード出し過ぎによるガードレールへの衝突事故など、「対工作物事故」が多くなっている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA