コンビニでの自動車保険見積もりってどうなのでしょう?

自動車保険の見積もりには、自動車の車種や前年度の事故等級の確認、事故の有無などの条件設定が必要になってきます。

勿論、損害保険の代理店などに依頼をすれば、前年の自動車保険の証券などを提示すれば計算はして貰えます。
しかし、インターネットによる見積もりを自分でする人も増えています。
ネット割引などがあるため、保険料が少しでも割安になればという人がそれだけ多いのではないでしょうか。
その際には、条件を色々と自分で入力しなくてはいけないという煩わしさがあります。

自ら見積もりをしたいけれど、インターネットだと面倒、代理店には依頼したくないという人もいると思います。
そんな人にはコンビニのマルチコピー機を活用した見積もりが手軽でいいかもしれません。
「スキャン de 見積り」のサービスを利用すれば、契約中の自動作保険証券をスキャンして送ると、数分以内に自動車保険の見積もりがマルチコピー機に送られてきます。

今回、アクサ損害保険もこの見積もりサービスを開始しましたが、基本的に、現在保険契約中のユーザーに向けたサービスのようです。
この「スキャン de 見積り」は東京海上日動、三井住友海上、損保ジャパン日本興亜、あいおいニッセイ同和の4社に対応しており、市場の8割に対応できる計算になります。

見積書の入手後は、パソコンやスマホで手続きするか、記載された電話番号に連絡することにより契約手続きができるのも簡単でいいですよね。

しかし、やはり若い世代向けのように感じます。
高齢者の方はパソコンやスマホは敬遠しがちでしょうし、コンビニのコピーサービスも戸惑いを感じるのではないでしょうか。
高齢者の方は、従来通りの代理店経由での見積もりや加入手続きをそのまま続けるように思います。

それでも、色々な見積もりの手段が増えていくことは、情報を得やすく、比較検討できる機会があるということでいいことだと思います。

~~~~◇◆◇◆~~~~◇◆◇◆~~~~◇◆◇◆~~~~◇◆◇◆~~~~

アクサ損保、コンビニのコピー機を活用した自動車保険見積りサービス

 アクサ損害保険は、ファミリーマートの店内のマルチコピー機を活用した自動車保険見積りサービスを2月10日から開始したと発表した。

 このサービスは、マルチコピー機のメニューから「スキャン de 見積り」を選択し、契約中の自動車保険証券をスキャンして送ると、数分以内に自動車保険の見積りを3件、マルチコピー機に送るというもの。

 基本的に、現在保険契約中のユーザーに向けたサービスで、保険証券をスキャンしてOCR処理することで、ユーザーの入力の手間を省く。

■ 「スキャン de 見積り」の手順

 対応するのは東京海上日動/三井住友海上/損保ジャパン日本興亜/あいおい
ニッセイ同和の4社だが、同社によれば、4社で市場の8割に対応できるとしている。

 なお、見積り書の入手後は、パソコン、スマホでログイン後手続きを行うか、または記載された電話番号に連絡することで、保険の加入手続きを進めることが可能だという。

(マイナビニュース)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA