認知症患者のための保険制度、家族負担を和らげるためにも構築が急務。

自民党が、認知症患者を抱える家族が加入する保険制度を検討することにしました。

愛知県で認知症の男性が列車にはねられて死亡した事故で、先日最高裁の判決でJRに対する家族の賠償責任を認めない判決が出たことは、ご存知ではないでしょうか。
この認知症患者の家族に賠償責任を認めない判決が出たことには胸を撫で下ろしました。
認知症患者が増加傾向で、誰もがこういう事態に陥らないとは限りませんよね。

今回は、損害を受けたのがJRでしたが、もし個人が損害を受けた場合の賠償責任はどうなるのでしょうか。
家族に賠償責任がないと判断された場合には、損害を受けた側が何も補償を受けられず泣き寝入りとなってしまう可能性がないとは言い切れません。

認知症患者を抱える家族に賠償責任があると判断されれば、家族への負担は大きなものになります。
個人賠償責任保険で対応できることもあると思いますが、今までは同居の家族に限定している会社がほとんどでしたので全てのケースに対応できるわけではありません。

また、損害が受けた側が何も補償されずに泣き寝入りになってしまうことはあってはならないと思います。何かしらの補償は必ず必要だと思います。

認知症の高齢者の在宅介護を行う家族が損害賠償責任保険に加入する制度を構築できるかを検討するようですが、在宅介護を行う家族の負担が増えずに未加入者がいないような制度構築ができるといいと思います。
また、できるだけ早くそのような制度ができることが望ましいのではないでしょうか。

自民、認知症患者を抱える家族が加入する保険制度検討へ

(FNNより)
愛知県で、認知症の男性が列車にはねられ死亡した事故で、JR東海に対する家族の賠償責任を認めないとした最高裁の判決について、自民党は3日、会合を開き、「JRではなくて、個人が損害を受けた場合はどうするのか」、「損害を受けた側が、泣き寝入りにならないようにする必要がある」などとして、制度的な対応を検討することにした。

具体的には、認知症の高齢者の在宅介護を行う家族が、損害賠償責任保険に加入する制度を構築できるかなどを検討する方針。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA