日本生命が保険料を値上げ。保険の見直しの好機。

日本生命保険が4月2日以降の新規契約分から保険料を毎月納めるタイプの保険商品の保険料を値上げすることを発表しました。

マイナス金利など日銀の金融政策を受けた市場金利の低下が大きく影響をしており、国債を中心とした運用収益が低迷しているのが原因です。
これまでにも一部の一時払の貯蓄性が高い保険商品の販売中止をした生命保険会社も多く、遂に月払の商品にまで影響が出てしまいました。
特に貯蓄性の高い年金保険や終身保険の値上げ率が高くなっています。

他社も保険料値上げをすることが予想され、新規に生命保険加入を検討する人にとっては4月前に検討することが得策かもしれません。

ただし、保険料の値上げはあくまでも新規に保険加入をする場合に影響を受けるということを忘れてはなりません。
既に加入している生命保険には保険料に関しては影響がないのです。
新規加入の中には、自動更新する保険や転換なども含まれますので注意が必要です。

また、生命保険の保険料が値上げになるからという理由で、必要がない保険に加入することは避けたいものです。
自分が現在加入している保険の内容を確認するのには良い機会だとは思います。しかし、生命保険に過剰に加入する必要はありませんし、必ずしも保険を見直したからと言って新しい生命保険にしないといけないというわけでもありません。

自分や家族にとって、必要な保障内容や保障額を的確に用意することが大切だと考えます。
無理に生命保険に加入したばかりに日々の生活が破綻したり、金銭的な理由で生命保険を途中で解約する事態に陥ってしまうのでは、生命保険に加入した意味がないと思います。

もし年金保険を検討されている場合には、老後の資金の準備を年金保険以外の商品に目を向けてみるのも一つの方法です。
個人型確定拠出年金の加入可能範囲が拡大されていますし、NISAを利用して株式投資や投資信託などに挑戦してみるのもいいかもしれません。

(以下はニュースからの抜粋です)

生命保険料、4月値上げ=マイナス金利、家計に負担

 日本生命保険は2日、保険料を毎月納めるタイプの保険商品について、保険料を4月2日以降の新規契約分から値上げすると発表した。

マイナス金利など日銀の金融政策を受けた市場金利の低下で、国債を中心とした運用収益が低迷しているため。他の保険各社も引き上げを検討しており、マイナス金利の負の影響が家計に及ぶ形だ。大幅な値上げは家計の「保険離れ」につながりかねず、各社は上げ幅の抑制に努める。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA