自動車保険料が2018年から約1割ほど安くなる見込み。

自動車の任意保険の保険料を決める際の目安となる「参考純率」が平均8%ほど引き下げられる見通しです。
参考純率の引き下げは、実に2003年度以来14年ぶりとなり、これにより2018年度以降に自動車の任意保険は保険料値下げになることが予測されます。

損害保険の保険料は全般的にここ数年値上げ傾向にあったため、自動車保険の値下げは契約者にとって朗報だと感じます。
実際私が保険営業をしていたときも、自動車保険の更改手続きの際に「事故を起こしてないのに保険料が上がるの?」と言われることがあり、仕方のないこととは言え契約者に申し訳なく感じることもありました。

自動車事故の減少による「参考純率」の見直しによって、自動車保険の保険料が安くなるのはとても良いことだと思います。

実際の保険料はどうなるのでしょうか。

「参考純率」が平均8%引き下げられるとして、実際に自動車保険の保険料はどれくらい安くなるのか気になるところですね。
実際の値下げ幅は最大で5%程度となる見通しですが、一般的な自家用自動車の場合には保険料が年間で3,000円~4,000円ほどの値下げを期待できます。複数年数でこれから自動車保険を検討する場合には、今年度は単年契約にしておき、来年以降に複数年数で契約することを検討するのもいいかもしれません

自動車事故の減少は、自動ブレーキなどの自動車の安全性能の向上によるところが大きく、今後、更に技術が進歩していけばそれに応じて事故の減少、保険料の引き下げに繋がってくることが考えられます。引き下げになった分の保険料でオプションを増やすことも検討がしやすくなるかもしれません。
また、任意の自動車保険への加入を「保険料が高いから」という理由で見送るという人が少なくなることに繋がると良いと思います。

自動車任意保険、値下げ=算出の目安平均8%

 損害保険各社でつくる「損害保険料率算出機構」が、任意加入の自動車保険について、保険料を決める際の目安となる「参考純率」を平均8%引き下げる見通しとなったことが12日分かった。参考純率の下げは2003年度以来14年ぶり。各社は保険料に反映させる方針で、18年度以降に一斉に値下げする見込みだ。

 算出機構は、自動ブレーキなど自動車の安全性能の向上で交通事故が減り、各社の自動車保険収支が改善していることを踏まえ、参考純率の引き下げが妥当と判断した。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA